周金波「戦後日記」の地域社会研究

Translated title of the contribution: A Study of Post-War Diary from the Perspective of Local Community

Research output: Contribution to conferencePaper

Abstract

2013年、新たに発見した周金波の作品、個人の書簡、日記等の記録は『周金波日本語作品集 第二集』(東京都:綠蔭書房、2013年)として出版され、周金波研究の新たな可能性を切り開く布石となった。周金波の研究が戦前の作品のみに限定して議論されている状況下において、『作品集二』は周金波の生命史を引き伸ばし、再評価の可能性が提示されている。本研究は、この日記の詳細な解釈と考察を起点として、一人の基隆現地の作家の角度から周金波の作品を再解釈し、基隆の地域史や戦後台湾社会における生活史の細部を補充し、適切な評価を与えようとするものである。
Translated title of the contributionA Study of Post-War Diary from the Perspective of Local Community
Original languageMultiple languages
StatePublished - 13 May 2019
Event日本台湾学会第21回学術大会 - Fukuoka, Fukuoka, Japan
Duration: 7 Jun 20198 Jun 2019

Conference

Conference日本台湾学会第21回学術大会
CountryJapan
CityFukuoka
Period7/06/198/06/19

Fingerprint Dive into the research topics of 'A Study of Post-War Diary from the Perspective of Local Community'. Together they form a unique fingerprint.

  • Cite this

    Hwang, Y. (2019). 周金波「戦後日記」の地域社会研究. Paper presented at 日本台湾学会第21回学術大会, Fukuoka, Japan. http://jats.gr.jp/taikai/21st/program21.html